メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

「嘆きの壁」に 現職大統領初、ユダヤ教の帽子着用

 【エルサレム大治朋子】トランプ米大統領は22日、東エルサレム旧市街のユダヤ教聖地「嘆きの壁」を訪ねた。米側は「個人的」行動と言うが現職米大統領の訪問は初めて。「親イスラエル」姿勢強調の一環とみられる。

 トランプ氏は、敬虔(けいけん)なユダヤ教徒がかぶる小さな黒い帽子「キッパ」をかぶり、ユダヤ教指導者(ラビ)に付き添われて訪問した。神への願いごとを書いた小さなメモも壁の隙間(すきま)にはさんだ=写真・ロイター。

 旧市街にはイスラム、ユダヤ、キリスト3宗教の聖地がある。イスラエルは1967年の第3次中東戦争で一…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文633文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  4. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回
  5. 大相撲 終始無言の稀勢の里、歴史的な3連敗で大きな窮地

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです