メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨のち晴れ

米国企業買収失敗し奮起 日本瓦斯社長・和田真治さん

1980年代半ば、研修で米国のガス会社を視察する和田さん(中央)。電力、ガス業界の自由化議論に強い刺激を受けた

保守的な社風を変革

 30歳で埼玉県越谷市担当の営業課長になりました。当時、プロパンガスなどLP(液化石油)ガスの販売は新規参入に規制がありました。一方、都市部では都市ガスの供給エリアが拡大しており、周囲は「LPガスはやがてなくなる」と悲観していました。

 課長就任翌年の1984年、想定外の仕事が舞い込みました。銀行から「米国のエネルギー会社がハワイに所有しているガス会社を売却したがっているので、買わないか」と打診され、営業課長の肩書のまま、調査担当に抜てきされたのです。

 団地単位でLPガスを供給するなど、当社と似た事業を展開していました。それぞれの営業、管理ノウハウを…

この記事は有料記事です。

残り915文字(全文1201文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです