メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

果てなき道

神戸小学生連続殺傷20年/中 退院後、途切れた「更生」

体育館でバレーボールをする在院者=東京都府中市の関東医療少年院で、佐々木順一撮影

 「届くよ!」「あー、ごめん」。坊主頭の少年らが体育館でバレーボールを追い掛ける。東京都府中市の住宅街にある関東医療少年院。ジャージー姿で声を掛け合う光景は高校の授業のようだが、見守る小野田悟次長はつぶやいた。「みんな、外見では分からない複雑な問題を抱えている」

 心身に病気や障害を持つ非行少年を収容する第3種(医療)少年院は全国に2カ所のみ。医療法上の病院で、治療と矯正教育を並行して行う。1990年代までは身体、精神疾患が半々だったが、現在は自閉症や薬物依存などの精神疾患が7割。虐待を受けた少年も多い。少子化や非行減少で入院者は減り、現在は14~21歳の男女20人が入る。

 教育では、非行内容に応じた体系的なプログラムを施す。ロールレタリング(役割交換書簡法)と呼ばれる手…

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文1046文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ
  5. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです