メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
月刊サッカー

審判側から情報公開 背景、ルールへの理解深める Jリーグ判定説明会

報道向けの判定説明会で動画を見ながら解説する上川徹・日本サッカー協会審判副委員長(右)=いずれも大島祥平撮影

 日本サッカー協会審判委員会は今季から、Jリーグの試合後に判定についてクラブと審判が意見交換する場を設けたり、報道向けに定期的に判定説明会を開いたりと、新たな情報発信に取り組んでいる。判定の背景やルールなどへの理解を深めてもらうとともに、審判技術向上につなげるのが目的だが、審判側からのここまで積極的な情報公開は世界的にも珍しい。積極的に「相互理解」を深めようとする狙いと、その根底にある思いとは。【大島祥平、福田智沙】

 「非常に難しい場面の映像を2回、3回と見るとまた違った見方になる。この映像はクラブにも配信し、強化…

この記事は有料記事です。

残り2697文字(全文2957文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  3. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  4. 妻のがん闘病支えるパキスタン人男性 在留特別許可求め提訴 

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです