メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

独自電子マネー

スーパーで導入続々 レジ短縮、コスト安く

ライフコーポレーションで導入された電子マネー、ラクカのカードとチャージ機。前払い式カード1枚で決済できる=大阪市淀川区のライフ店舗で2017年5月15日、真野森作撮影

 独自の電子マネーを導入するスーパーマーケットが増えている。店側にとっては、レジで精算にかかる時間が短縮でき、顧客を囲い込む効果も期待できる。購入額に応じて加算する独自のポイントを上乗せするといった利用促進策も講じている。【真野森作】

 大阪市淀川区にあるライフのセントラルスクエア西宮原店。40代の主婦が電子マネー「LaCuCa(ラクカ)」のカードをレジの店員に渡すと、すぐに精算を終えた。「現金よりスムーズに会計できるし、カードにチャージしておく前払い方式なのでクレジットカードのような抵抗感もない」と話す。

 業界団体の新日本スーパーマーケット協会によると、独自の電子マネーはこの1、2年で急速に普及してきた…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです