メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石渡嶺司の“反”就活学

夢すら左右する奨学金返済問題 額に応じた現実的選択を

え・葛西りいち

借入平均は313万円

 「地獄の沙汰も金次第」と昔から言います。では、現代の日本、それも学生にとっては「この世の沙汰は奨学金次第」ではないでしょうか。

 ここ数年、日本学生支援機構の奨学金が社会問題となっています。注目されるのは卒業後の返済の行き詰まり、高等教育への財政支援などです。私はこれから就活を迎える(あるいは現在進行形の)学生についても気になります。就活と夢の関連については、2016年7月掲載の当コラムでも紹介しました。

 奨学金返済の行き詰まりは、就活と夢に関連がある、と考えています。

この記事は有料記事です。

残り1803文字(全文2050文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです