メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石渡嶺司の“反”就活学

夢すら左右する奨学金返済問題 額に応じた現実的選択を

え・葛西りいち

借入平均は313万円

 「地獄の沙汰も金次第」と昔から言います。では、現代の日本、それも学生にとっては「この世の沙汰は奨学金次第」ではないでしょうか。

 ここ数年、日本学生支援機構の奨学金が社会問題となっています。注目されるのは卒業後の返済の行き詰まり、高等教育への財政支援などです。私はこれから就活を迎える(あるいは現在進行形の)学生についても気になります。就活と夢の関連については、2016年7月掲載の当コラムでも紹介しました。

 奨学金返済の行き詰まりは、就活と夢に関連がある、と考えています。

この記事は有料記事です。

残り1803文字(全文2050文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  2. 300キロ超大物クロマグロ 和歌山・那智勝浦
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 器物損壊 原爆ドーム前の慰霊碑に汚物? 広島中央署捜査 /広島
  5. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです