本因坊戦

23日から第2局 6冠・文裕先勝に本木が黒番

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 本因坊文裕(もんゆう)(27)=井山裕太九段=に本木克弥八段(21)が挑戦する第72期本因坊決定戦七番勝負第2局(毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛、島根県大田市開催実行委員会協力)が23、24日、同市の国指定重要文化財「熊谷家住宅」で打たれる。開幕戦は5連覇中の6冠・文裕が貫禄勝ち。初挑戦の本木が黒番を持つ2戦目でどんな打ち回しを見せるか、注目が集まる。

 対局の地は、「碁聖」と仰がれる江戸時代の大棋士・四世本因坊道策の生誕地。対局場は江戸時代に石見銀山で栄えた商家で、石見銀山遺跡は今年、世界遺産登録10周年を迎えた。

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文557文字)

あわせて読みたい

注目の特集