メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ほじょ犬の日

障害者補助犬ノー「解消を」 東京でシンポ

使用者の足元で静かに待機する盲導犬や介助犬たち=東京・永田町で2017年5月22日、中村藍撮影

 「ほじょ犬の日」の22日、東京都内で「『ほじょ犬の日』啓発シンポジウム」が開かれ、身体障害者補助犬の使用者や専門家、国会議員ら約100人が参加した。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けてバリアフリー化が進む一方で、解消されない課題について意見を交わした。

 2002年5月22日の身体障害者補助犬法成立を記念し、「ほじょ犬の日」ができた13年から、超党派の国会…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです