メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山梨大

宇宙マウス、ひ孫まで元気 ISS保管精子で繁殖

宇宙マウス誕生までの過程

 山梨大の若山照彦教授(発生工学)らの研究グループは、強い放射線で遺伝子の損傷が起きやすい宇宙空間で約9カ月間保管した精子を使って生まれたマウス「宇宙マウス」が健康な状態で、正常な繁殖能力を持っていたと発表した。宇宙空間でも哺乳類が繁殖できる可能性を示した世界初の報告で、23日(日本時間)付の米国科学アカデミー紀要(電子版)に掲載される。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)などとの共同実験。凍結乾燥(フリーズドライ)したマウスの精子を2013年8月に国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」に運び、冷凍庫で約9カ月間保管。14年5月に米国の補給機で地上に持ち帰った。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文789文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新種昆虫に“中村哲医師” エジプト人研究員が命名提案 「功績を知って」

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです