メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『東京ひとり歩き ぼくの東京地図。』岡本仁・著

街の中で飲み食いし、街を体全体で味わう

◆『東京ひとり歩き ぼくの東京地図。』岡本仁・著(京阪神エルマガジン社/税別1600円)

 編集者の岡本仁(ひとし)さんが、40年以上暮らす東京を徒歩で案内する本『ぼくの東京地図。』には、築地にある行きつけの店で使われている器、そしてそこに盛りつけられる料理のよさについて「スカッとした潔さがある」と書かれている。この本で紹介される他の食べもの飲みものも、写真を見ると、その魅力はやはり「スカッとした潔さ」にあると表現したくなるものばかりだ。粋、ともいえる。そこに岡本さんは東京らしさ、東京のよさを見いだしているのだろう。

 街に出て、おいしいものを求めることにかけては、岡本さんは労を惜しまない。でも、単なる美食家というわ…

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文912文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  3. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  4. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです