メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

「露、トランプ陣営と接触」 CIA前長官が証言 証拠は示さず

 【ワシントン岩佐淳士】米中央情報局(CIA)のブレナン前長官は23日、下院情報特別委員会で証言し、ロシア政府による米大統領選介入問題で、ロシア側とトランプ大統領陣営との協力を疑わせる情報を得ていたと語った。前長官は選挙期間中、ロシア側に対し選挙介入を行わないよう直接警告していたことも明かした。

 ブレナン氏は、下院情報特別委の公聴会で、ロシアが大統領選に「厚かましくも介入した」と断言。トランプ陣営の関与疑惑について「ロシア当局者とトランプ陣営とのやり取りを明かす情報を得て、懸念していた。ロシアはこうした人物らを協力者に取り込もうとするからだ」と語った。

 ロシア側とトランプ陣営との協力関係を示す証拠があるのかと問われると、ブレナン氏は「私は知らない」と…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  5. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです