メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京地裁、ゴーン被告の保釈請求再び却下
歌舞伎

五月花形歌舞伎 愛之助中心に若手活躍=評・小玉祥子

 愛之助を中心に、若手が活躍する。

 昼の最初が「月形半平太」(行友李風原作、伊藤大輔シナリオより、土橋成男脚本、大場正昭補綴・演出)。新国劇が生んだ人気作品の歌舞伎化。

 幕末の京都で倒幕に身を賭す月形半平太(愛之助)が主人公。半平太は、見廻(みまわり)組、新撰(しんせん)組から命を狙われ、芸妓(げいぎ)梅松(壱太郎)という恋人がいるが、彼を敵と狙う染八(新悟)にも思いを寄せられる。

 愛之助は理想に燃える半平太のさっそうぶりと、仲間の理解を得られない焦燥の両面を見せる。また、梅松と…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  2. 「ご説明したい」小室圭さん見解全文
  3. 100円カップで150円ラテ 窃盗容疑で62歳男逮捕 常習か 福岡
  4. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  5. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです