メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外J1昇格は松本と大分
歌舞伎

五月花形歌舞伎 愛之助中心に若手活躍=評・小玉祥子

 愛之助を中心に、若手が活躍する。

 昼の最初が「月形半平太」(行友李風原作、伊藤大輔シナリオより、土橋成男脚本、大場正昭補綴・演出)。新国劇が生んだ人気作品の歌舞伎化。

 幕末の京都で倒幕に身を賭す月形半平太(愛之助)が主人公。半平太は、見廻(みまわり)組、新撰(しんせん)組から命を狙われ、芸妓(げいぎ)梅松(壱太郎)という恋人がいるが、彼を敵と狙う染八(新悟)にも思いを寄せられる。

 愛之助は理想に燃える半平太のさっそうぶりと、仲間の理解を得られない焦燥の両面を見せる。また、梅松と…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文597文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです