メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外広島がリーグ3連覇 9度目のV
歌舞伎

五月花形歌舞伎 愛之助中心に若手活躍=評・小玉祥子

 愛之助を中心に、若手が活躍する。

 昼の最初が「月形半平太」(行友李風原作、伊藤大輔シナリオより、土橋成男脚本、大場正昭補綴・演出)。新国劇が生んだ人気作品の歌舞伎化。

 幕末の京都で倒幕に身を賭す月形半平太(愛之助)が主人公。半平太は、見廻(みまわり)組、新撰(しんせん)組から命を狙われ、芸妓(げいぎ)梅松(壱太郎)という恋人がいるが、彼を敵と狙う染八(新悟)にも思いを寄せられる。

 愛之助は理想に燃える半平太のさっそうぶりと、仲間の理解を得られない焦燥の両面を見せる。また、梅松と…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文597文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. プロ野球 広島がリーグ3連覇 27年ぶり本拠地で決める
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  5. 沖縄知事選 公明は佐喜真氏全面支援 支持母体・創価学会から反発も 4年前は自主投票

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです