メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんな元気になる絵本

ラマダンのお月さま /富山

断食明けの幸福感 プー横丁「プーの店」店長・杉原由美子さん

 「ラマダン」とは、イスラム教徒の人々が断食する時期のことです。新月から新月の間の約1カ月間、昼間の飲食を控えます。でも、仕事や勉強を休むわけではありませんから、なかなかつらいです。どうしてそんなつらいことを我慢できるのか、この絵本を読むと分かってきます。

 表紙の、ブランコに乗っている女の子、なんとなくうれしそうにしています。空にかかるお月さまが、ラマダ…

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 熊谷6人殺害 「残虐な犯行」ペルー人被告に求刑通り死刑

  4. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

  5. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです