メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
コブハクチョウ

愛らしい姿まもなく 誕生の季節、4カ所で確認 山中湖 /山梨

高村健治さんがしつらえた産卵の場所で卵を温めるコブハクチョウの親鳥=山中湖村山中の山中湖畔で

 山中湖村の山中湖のシンボル・コブハクチョウのひなが誕生の季節を迎えている。湖畔の4カ所で確認された巣では、8日に卵からかえったひな1羽が確認された。4月中は降雪や霜に見舞われた標高1000メートルに近い湖周辺もここ連日の暑さで暖かさを増し、まもなく親鳥と寄り添って泳ぐ愛らしい姿が観光客や村民を楽し…

この記事は有料記事です。

残り163文字(全文313文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです