西国三十三所

徒歩巡礼 石山寺に到着 きょう三井寺経て清水寺へ 大津 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
白装束を身に着け到着した徒歩巡礼の一行=大津市石山寺1の石山寺で、衛藤達生撮影
白装束を身に着け到着した徒歩巡礼の一行=大津市石山寺1の石山寺で、衛藤達生撮影

 代表的な仏教巡礼地「西国(さいこく)三十三所」が2018年で草創1300年となるのを記念し、昨年から徒歩で三十三所を巡礼している一行が23日、大津市の石山寺に到着した。24日朝に同寺を出発し、三井寺(同市園城寺町)を経由して清水寺(京都市東山区清水)へ向かう。

 西国三十三所は、奈良・長谷寺を開いた徳道上人が718年、閻魔(えんま)大王のお告げを受けて人々に観音参りを説き始めたことが始まりとされる。一番札所の青岸渡寺(和歌山県那智勝浦町那智山)から三十三番札所の華厳寺(岐阜県揖斐川町谷汲徳積)までの7府県にまたが…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文648文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集