メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から・ひょうご

三田市「学生ワークショップ」 「まちづくり」地域に活力 /兵庫

まちなかの飲食店に学生拠点をつくろうと打ち合わせを進める学生ワークショップのメンバーら=兵庫県三田市相生町で、粟飯原浩撮影

 「学生のまち」を掲げる三田市は昨秋、学生にまちづくりに関わってもらう取り組み「学生ワークショップ」を始めた。学生がまちで伸び伸びと活動することで地域との関係が深まり、にぎわいや活力も生まれる--そんな理想を描いた試みだ。「学生」と「まちづくり」。縁遠そうだが、学生の動きは思いのほか活発。何が学生をひきつけるのだろうか。【粟飯原浩】

 「農作業をパートで手伝いたいという人も出てくるかもしれません」。JA兵庫六甲三輪支店(三田市三輪1…

この記事は有料記事です。

残り1432文字(全文1649文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです