メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

アシの笛をもつギリシャ神話の牧神パンは…

[PR]

 アシの笛をもつギリシャ神話の牧神パンは怒ると、その叫び声によって人や獣の心に恐怖をもたらした。「パニック」という言葉は、パンが巻き起こしたと思われた羊や牛の恐(きょう)慌(こう)による暴走から生まれたようだ▲そのパニックを招く行為として「満員の劇場で火事だと叫ぶ」という言い回しがある。こちらは2万人以上を集めたコンサートの終演直後、帰ろうとする聴衆が混み合う中で実際に爆弾を破裂させるという非道きわまりない犯行だった▲英マンチェスターのイベント会場で行われた米人気歌手アリアナ・グランデさんのコンサート、そこで80人以上の死傷者を出した爆発である。英国のメイ首相は「凄惨(せいさん)なテロ攻撃」と非難し、全力で捜査に取り組むとの声明を出した▲だとすれば、またもやコンサートを楽しむ無防備な若者が狙われたことになる。「ソフトターゲット」とは人の優しい心を針で刺すようなまがまがしい言葉だが、テロリストには人の心に恐怖を植えつける格好の標的にすぎないのか▲犯人がどうあれ、人の心に潜む憎悪や不信を増幅する無差別の暴力の毒である。一方で当夜、ネットには事件で帰宅できぬ若者に宿泊場所を無償で提供する市民の申し出が相次いだという。むごい出来事の中のささやかな救いである▲その昔、夜の山や谷あいで人々を怖がらせた正体不明の音がパンの叫び声と思われたらしい。その声にわれを失うことなく、寛容や他者への思いやりをさりげなく呼吸してみせる英国民のテロとの戦いだ。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

    2. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

    3. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

    4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

    5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです