メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

罵倒と裸芸なくす道=中村秀明

 <sui-setsu>

 朝7時ごろに出勤し社内の掃除、夜は深夜1時ごろまで職場にいる。とはいえ新人に特別な仕事はなく、上司が帰らせてくれないのでパソコンで暇をつぶす。

 数十人いる社員の前で上司に大声で怒鳴られる。仕事のやり方を教えてもくれないのに、「○○もできないのか!」「○○しろって言ってんだろうが!」と。

 飲み会で下半身裸になっての「芸」を強要された。学生時代、どんなに羽目をはずしても、そこまでの経験は…

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文985文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです