メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

英自爆テロ

 英中部マンチェスターで開かれていた米有名女性歌手のコンサートがテロの標的となった。劇場やレストランが襲撃された2015年11月のパリ同時多発テロと同様、無防備な市民の集う「ソフトターゲット」が狙われた。テロが相次ぎ、社会の緊張が高まる欧州。無差別テロを防ぐことはできるのか。日本の対策は。

 子供や若者が標的になったという点で、英国でこれまで起きてきたテロとは決定的に異なる。多くの英国人にとって、子供が狙われたということは大きな衝撃だ。国民のテロに対する恐怖心は一層強まるだろう。

 一方、6月に予定されている英総選挙の結果への大きな影響はないと考えている。欧州でのイスラム過激派によるテロはこれまで、移民抑制や国境管理の厳格化を主張する右派政党や極右政党が台頭する理由の一つになってきた。しかし、世論調査で優勢が伝えられるメイ首相率いる保守党は既に移民抑制や国境管理の厳格化を訴えている。考えられる選挙結果への影響といえば、保守党が多少票を積み増しする程度だろう。

この記事は有料記事です。

残り4045文字(全文4478文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号、24~25日に東日本から東北に接近の恐れ 土砂災害など警戒を

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 歌手の守屋浩さん死去 81歳 「僕は泣いちっち」「大学かぞえうた」

  5. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです