トランプ米大統領

「テロリスト追放を」 アッバス議長に迫る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【エルサレム大治朋子】ヨルダン川西岸パレスチナ自治区のベツレヘムで23日、トランプ米大統領と会談したパレスチナ自治政府のアッバス議長。トランプ氏は会談後の声明で「パレスチナ国家」にもその「独立」にも言及せず、暴力抑制など課題ばかりを突きつけた。アッバス氏は「占領者イスラエル」やその「最大支援者米国」への憎悪であふれるパレスチナ社会をどう導くのか。難しいかじ取りを迫られる。

 「テロリストや、その支援者を追い出すのだ」。トランプ氏は会談後の共同声明で強調し、アッバス氏に「宿題」を示した。パレスチナ自治区ガザ地区のイスラム原理主義組織ハマスや、ヨルダン川西岸のパレスチナの若者らは、イスラエルへの攻撃を「占領への抵抗」と位置づけ、イスラエルは「テロ」と非難する。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文800文字)

あわせて読みたい

注目の特集