メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

細菌

宇宙で生き延びた 東京薬科大教授ら解明 「生命 地球外から」の裏付け?

宇宙空間で1年生き延びた細菌「デイノコッカス・ラディオデュランス」=米パシフィック・ノースウエスト国立研究所提供

 真空の宇宙空間で強い紫外線や放射線に1年間さらされても生き延びる細菌がいることが、国際宇宙ステーション(ISS)での山岸明彦・東京薬科大教授(生物学)らの実験で分かった。24日の日本地球惑星科学連合大会で発表する。

 研究は、生物が宇宙空間を移動できるかどうかを、複数の実験で検証する「たんぽぽ計画」の一環。「世界で最も放射線に強い細菌」として知られる「デイノコッカス・ラディオデュランス」など4種類の細菌を「バイオフィルム」と呼ばれる塊にして、アルミパネル3枚に開けられた直径1・5ミリの穴の中に入…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文627文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  5. 京アニ寄付、義援金として被害者・遺族へ配分 寄付の税制優遇も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです