メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「共謀罪」私はこう思う

中央大学名誉教授・椎橋隆幸氏

 ◆賛成

テロの「抜け穴」ふさぐ 中央大学名誉教授・椎橋隆幸氏(70)

 薬物や銃器、人身売買といった犯罪では、国際的な犯罪組織が関与し、犯罪に伴って動く資金は莫大(ばくだい)だ。人身売買は子供や女性が対象となる人権侵害だ。政府が「テロ等準備罪」を整備して締結を目指すとしている国際組織犯罪防止条約は、経済犯罪の抑止や人権条約の意味合いがある。

 日本は2003年に国会で条約を承認したが、先進国で唯一、条約締結を達成できていない。経済大国で法治国家を掲げる日本は、本来は条約の効果的な執行をリードする立場にいるはずなのに、「抜け穴」となっている現状は世界から奇異に思われている。政府が事態の解消を図ることは当然だ。

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文734文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです