メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「共謀罪」私はこう思う

中央大学名誉教授・椎橋隆幸氏

 ◆賛成

テロの「抜け穴」ふさぐ 中央大学名誉教授・椎橋隆幸氏(70)

 薬物や銃器、人身売買といった犯罪では、国際的な犯罪組織が関与し、犯罪に伴って動く資金は莫大(ばくだい)だ。人身売買は子供や女性が対象となる人権侵害だ。政府が「テロ等準備罪」を整備して締結を目指すとしている国際組織犯罪防止条約は、経済犯罪の抑止や人権条約の意味合いがある。

 日本は2003年に国会で条約を承認したが、先進国で唯一、条約締結を達成できていない。経済大国で法治国家を掲げる日本は、本来は条約の効果的な執行をリードする立場にいるはずなのに、「抜け穴」となっている現状は世界から奇異に思われている。政府が事態の解消を図ることは当然だ。

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文734文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  5. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです