共謀罪

優先に落胆 性犯罪厳罰化望む関係者

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
戒能民江さん
戒能民江さん

 「共謀罪」の成立要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案が23日、衆院本会議で可決され、舞台は参院に移ることになった。「性暴力禁止法をつくろうネットワーク」共同代表でお茶の水女子大名誉教授の戒能民江さん(72)は「政府・与党は人権に関わる法整備を重視していないのでは」と疑念を抱いている。

 同ネットは約300の団体・個人が参加し、性犯罪を抑止する法整備の必要性を訴えてきた。今年3月、性犯罪の罰則強化を柱とする刑法改正案が閣議決定されると「課題は残るが、歓迎すべき内容だ」と評価した。

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文912文字)

あわせて読みたい

注目の特集