メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なにわ筋線

31年春に 開業目指す 事業計画、正式発表

なにわ筋線の予定ルート

 大阪府と大阪市、JR西日本、南海電気鉄道、阪急電鉄は23日、大阪市街地を南北に貫く新路線「なにわ筋線」の事業計画概要を発表した。完成後は大阪の都心と関西国際空港のアクセスが向上する。早ければ2021年度にも着工し、31年春の開業を目指す。約3300億円と見込む事業費の負担や、地下鉄との競合などが今後の課題になりそうだ。【藤顕一郎、岡崎大輔】

 新路線はJR大阪駅北側の「うめきた」地下に23年開業を目指して建設中の「北梅田」駅(大阪市北区、仮称)から、既存のJR難波駅と南海新今宮駅までの計約7・4キロ。

この記事は有料記事です。

残り1424文字(全文1677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 夜の会食は「宴会ではない」 首相、野党に反論「意見交換」「いけないことなのか」

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. 「マスク買えない」の悲鳴も あっという間に消え「ネットで10倍の高額転売」も 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです