メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

札幌

動物死相次ぎ、24時間監視カメラ 円山動物園 

円山動物園で相次いで死んだ動物たち。マレーグマ「ウッチー」=札幌市円山動物園提供

 札幌市は、円山動物園の獣舎に24時間監視カメラを設置することになった。飼育動物が死ぬ事故が相次いだため原因を確認するためで、関連費用2000万円を含む一般会計補正予算案を30日開会の定例市議会に提出する。

 市財政課によると、監視カメラは「カバ・ライオン館」「キリン館」「カンガルー館」に計35台を設置する。

 動物園では、2014年5月にマレーバクの雄「トーヤ」(2歳)が屋外プール内の鉄柵と壁の隙間(すきま)に顔を挟まれて水死。15年5月にはコツメカワウソの雄の赤ちゃん「ずんだ」がプールで溺れて死んだ。いずれも飼育施設の改修後の事故だった。このため職員の目が行き届かない夜間などに獣舎で事故につながる事象がないかなどを確認する。

この記事は有料記事です。

残り113文字(全文429文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「独立性が揺らぐ事態 任命拒否はありえない」 吉川弘之・元学術会議会長

  2. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです