特集

加計学園

学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡る問題をまとめました。

特集一覧

加計学園

学部新設 特区要件、加計学園向けに

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
学校法人「加計学園」が開学予定の岡山理科大獣医学部の建設現場=愛媛県今治市で2017年5月18日、本社ヘリから久保玲撮影
学校法人「加計学園」が開学予定の岡山理科大獣医学部の建設現場=愛媛県今治市で2017年5月18日、本社ヘリから久保玲撮影

事業者選定、政府が規制改革

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人加計(かけ)学園(岡山市)が国家戦略特区で獣医学部を新設する計画を巡り、毎日新聞が入手した文書を分析すると、特区を担当する内閣府が事業者選定で加計学園に絞るように急いだ実態が浮かんだ。「総理の意向」などと記された問題の文書が国会で取り上げられ、24日で1週間。文部科学省は「文書の存在は確認できなかった」と結論づけたが、現実は文書に沿って進展したことが分かる。

 民進党が17日に公表したのはA4判の文書8枚。文科省が内閣府から獣医学部の2018年4月開学を促されたことなどが記されている。毎日新聞はこのほか、想定される開学までのスケジュール表など30枚近くを文科省関係者から入手した。

この記事は有料記事です。

残り1159文字(全文1486文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集