メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
らっこ・ライブ・レビュー

サンダーキャット 豪放ゆえの不可思議な快楽

 胸がすく、という言葉を思い出した。まさにサンダーキャットの実演は痛快、そのもの。多くの観客が、存分に快感やドキドキを得たのは疑いがない。

 サンダーキャットは今、旬のベーシスト/シンガーである。エリカ・バドゥやケンドリック・ラマーらの音楽作りの屋台骨を支えるとともに、個人としても広角型の現代ヒップホップ表現を送り出す注目のレーベル“ブレインフィーダー”に所属。ヒップホップとジャズとポップスを自在に混ぜ合わせた新作「ドランク」は、2017年上半期米国発の最たる話題作となっている。

 そうした新作を携えての来日公演はキーボード奏者とドラマーを従えるトリオで、即興性を介するかたちで持…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文754文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 北朝鮮がミサイル発射か 日韓GSOMIA破棄通告翌朝に

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです