メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾羊一のめでぃあ亭

朝ドラ、大河は「されど型ドラマ」

 A 全国的に見れば、平均的な家庭は通勤・出勤の朝はいわゆる「朝ドラ」(連続テレビ小説)、日曜夜は「大河(ドラマ)」とNHKの2大ドラマを見る視聴習慣が多いのでは。

 B わが家もそうだが。

 A その2大ドラマが微妙に変化している。お気づきだろうか。

 C そういえば、朝ドラはかつてはヒロインの苦難の道をたどり女の一生を描いたし、大河なら男臭い武将ものだったが、「ひよっこ」と「おんな城主直虎」は確かに王道的企画ではない。どことなく地味だ。

 A じゃなくて、メインテーマが筋追いになく、「ひねり」に置いているような演出だから戸惑う人もいれば…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  2. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  3. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  4. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  5. シャープ旧本社跡地にニトリ出店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです