メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBTを生きる

性的少数者 第2部/3 支援者集会に参加する 小学5年生と母親 /埼玉

小中学生、通える場少なく 「いつでも相談できる環境を」

 越谷市の男女共同参画支援センター「ほっと越谷」で、LGBT当事者やアライ(ally=英語で「人を結びつける」などの意味)と呼ばれる支援者らが自由に語り合う会が毎月開かれている。4月のある日、昨年末から通い始めた母親(42)と小学5年生、はーちゃん(10)の姿があった。

 この日は、いつもより多い30人ほどが参加した。少し遅れてきたはーちゃんは「Xジェンダー(男女両方の…

この記事は有料記事です。

残り922文字(全文1134文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです