メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBTを生きる

性的少数者 第2部/3 支援者集会に参加する 小学5年生と母親 /埼玉

小中学生、通える場少なく 「いつでも相談できる環境を」

 越谷市の男女共同参画支援センター「ほっと越谷」で、LGBT当事者やアライ(ally=英語で「人を結びつける」などの意味)と呼ばれる支援者らが自由に語り合う会が毎月開かれている。4月のある日、昨年末から通い始めた母親(42)と小学5年生、はーちゃん(10)の姿があった。

 この日は、いつもより多い30人ほどが参加した。少し遅れてきたはーちゃんは「Xジェンダー(男女両方の…

この記事は有料記事です。

残り922文字(全文1134文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. ファミレス ガスト宅配弁当にカエルの死骸 体長数センチ
  4. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]