メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBTを生きる

性的少数者 第2部/3 支援者集会に参加する 小学5年生と母親 /埼玉

小中学生、通える場少なく 「いつでも相談できる環境を」

 越谷市の男女共同参画支援センター「ほっと越谷」で、LGBT当事者やアライ(ally=英語で「人を結びつける」などの意味)と呼ばれる支援者らが自由に語り合う会が毎月開かれている。4月のある日、昨年末から通い始めた母親(42)と小学5年生、はーちゃん(10)の姿があった。

 この日は、いつもより多い30人ほどが参加した。少し遅れてきたはーちゃんは「Xジェンダー(男女両方の…

この記事は有料記事です。

残り922文字(全文1134文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  2. 富田林署逃走 捜査かく乱か ひったくり携帯投棄の疑い
  3. 富田林署逃走 事前に計画か 接見終了、署員に声かけなく
  4. 夏の高校野球 金足農、八回逆転弾 吉田14K、横浜破る
  5. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです