メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中津川の産廃施設建設

控訴理由書、提出へ 来月中旬、市内で住民説明会 /岐阜

控訴審に向けて開催された住民説明会=中津川市福岡で

 中津川市福岡に建設が計画されている産業廃棄物中間処理施設を巡り、国が設置を認めたのは違法として地元住民らが国の裁決の取り消しを求めている訴訟で、1審・岐阜地裁での住民側敗訴を受け、「福岡産廃施設建設に反対する住民の会」(野田契子代表)が23日夜、控訴審に向けての住民説明会を市内で開いた。

 処理施設は同市のリサイクル業「河村産業」が計画。県は2009年に建設を許可したが、その後、同社が4回実施したとする住民への説明会が実際には行われていなかったことなどから10年に許可を取り消した。しかし…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです