メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「安倍改憲」を問う

/6 9条に明記で疑義払拭 京都大名誉教授・大石眞氏(65)

=宮本明登撮影

 --安倍晋三首相が3日、改憲派集会へのビデオメッセージや読売新聞のインタビューで憲法9条改正を目指す考えを表明した。

 ◆特定の運動団体の集会にメッセージを送って憲法改正の段取りを述べることに違和感がある。憲法改正は国政の重要政策だ。その内容は国民の前や国会で説明すべきで、特定の新聞を「熟読してくれ」と丸投げするのはおかしいと思う。

 --2020年に改正憲法を施行するという目標も示した。

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  3. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  4. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  5. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです