メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

考・皇室

社会を映す/3 雅子さまの悩み、共感 仕事、結婚、出産…同世代「人ごとでない」

 皇太子ご夫妻は2013年8月、東京都渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターで開かれた復興プロジェクト「OECD(経済協力開発機構)東北スクール」の発表会に足を運ばれた。雅子さまは高校2年(当時)の釣巻洋子さん(20)に「どうもお手紙をありがとう」と声をかけた。

 雅子さまの外務省時代の知人を通じて依頼し、福島県いわき市出身の釣巻さんが「ぜひ訪れてほしい」と手紙を出したことが訪問につながった。

 スクール終了後の15年2月、福島大学の三浦浩喜副学長は参加した高校生5人と共に東宮御所を訪ねた。宮内庁には15分程度と言われていたが、行くと30分枠になっていた。職員がノックをして時間を知らせても、皇太子ご夫妻は「続けましょう」と50分ほど話し込んだ。最後は、高校生らがマイクロバスで御所を出るまで外に出て見送ってくれた。

この記事は有料記事です。

残り2135文字(全文2498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トルコ沖地震死者20人に ギリシャ・サモス島でも2人死亡 救助活動続く

  2. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. ORICON NEWS Kis-My-Ft2&SixTONES『チャリティ・ミュージックソン』メインパーソナリティに就任 ジャニーズ2組は史上初

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 気に入らない生徒を廊下に立たせる先生でよいか 作家・あさのあつこさん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです