メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改正個人情報保護法

30日施行 新たな「過剰反応」に懸念の声

 現行個人情報保護法が2005年に全面施行された後、個人情報の保護を理由にした匿名化や、災害時に必要な安否情報が届かなくなるなどの「過剰反応」が問題になることがあった。同法の初の大改正が30日に施行される。今後は町内会、学校の同窓会、中小企業などが個人情報を取り扱う際も法規制の対象になる。新たな過剰反応が起こる恐れを指摘する意見が専門家から出ている。

 改正法では新たに「5000人以下の個人情報を取り扱う小規模事業者」が対象になる。自治会やマンション…

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1034文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです