メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読み解きワード

薬価 高額薬相次ぎ見直し

 抗がん剤「オプジーボ」やC型肝炎治療薬など高額の薬が相次いで登場し、国民の薬の値段への関心が高まっています。高額薬が医療費を押し上げているとも言われ、国は薬の公定価格「薬価」の決め方の見直しを始めています。【細川貴代】

値段はどう決まる? 想定患者数を考慮

 薬には、薬局やドラッグストアで誰でも買える「一般用医薬品(市販薬)」と、医師の処方箋が必要な「医療用医薬品」がある。医療用薬品の価格は「薬価」と呼ばれ、国が決め、自己負担分以外は医療保険から支払われる。

 新薬の値段のつけ方は2種類ある。効き目の似た薬が市場にすでにある場合、その価格と比較。類似薬がない…

この記事は有料記事です。

残り1411文字(全文1691文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」
  3. 学校ストライキ 「行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人
  4. 熱中症に注意 北海道~西日本各地で35度超す猛暑日予想
  5. 藤井七段が小6の弟弟子に負けちゃった 故郷で12人と同時対局 「鋭い攻めうまい」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです