メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪都構想

「総合区議決は住民投票後」 賛否を優先 松井知事意向

 大阪市を廃止して特別区を置く「大阪都構想」を協議する法定協議会(法定協)が6月にも設置される見通しとなったことを受け、大阪府の松井一郎知事(大阪維新の会代表)は24日、都構想が住民投票で否決された後に、行政区の権限と機能を強化する「総合区」の設置議案を市議会で議決する手法に言及した。法定協の修正規約案は公明党への配慮から都構想と総合区を同時に協議できると明記されたが、総合区案の議決よりも都構想の賛否を問う住民投票の実施を優先させたい意向を…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「くまモンマスク」ほしいモン 知事会見で熱視線 製造企業続々、柄も豊富

  2. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  5. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです