英テロ

実行役の弟、リビア治安当局 IS加担容疑

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

父も逮捕、具体的容疑は不明

 【ロンドン矢野純一】英中部マンチェスターで起きた自爆テロ事件で、リビアの治安当局は24日、首都トリポリ市内で実行役のサルマン・アベディ容疑者(22)の弟ハシム・アベディ容疑者を過激派組織「イスラム国」(IS)に加担していた容疑で逮捕した。父も逮捕したが具体的容疑は不明。英主要メディアが報じた。一方、英ニュースサイト、インディペンデントは治安当局が家宅捜索先で爆弾を発見し爆破処理していたと報じた。当局は新たなテロが起きる可能性があるとして爆弾製造者の発見に全力を挙げている。

 リビア当局によるとハシム容疑者は兄のテロ計画の詳細を事前に知っていたほか、トリポリでテロ実行を計画していたという。ロイター通信によると、当局者は「実行役と弟がISに加わっていた証拠があり、1カ月半以上、行動を監視していた」と話した。

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文719文字)

あわせて読みたい

注目の特集