受動喫煙対策

厚労相、自民政調会長協議は物別れ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案を巡り、塩崎恭久厚生労働相と自民党の茂木敏充政調会長が24日、東京都内で会談した。法案作成に向けて協議したが主張が折り合わず、物別れに終わった。

 関係者によると、茂木氏は一定面積以下の飲食店では表示をすれば喫煙を認める自民党案を軸に説得を重ねたが、塩崎氏は延べ…

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文337文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集