メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋連盟

三浦九段と和解 ソフト問題で

和解して記者会見する日本将棋連盟の佐藤康光会長(右)と三浦弘行九段=東京都渋谷区の将棋会館で2017年5月24日午後5時24分、丸山博撮影

 将棋ソフトの不正使用疑惑が晴れた三浦弘行九段(43)と、日本将棋連盟の佐藤康光会長(47)は24日、東京・将棋会館で記者会見し、連盟が三浦九段に慰謝料(金額は非公表)を支払うことで合意、和解したことを発表した。

 主な和解内容は、▽三浦九段の不正行為はなかったが、出場停止処分の決定はやむを得なかったとする第三者調査委員会の報告書を双方が受け入れる▽連盟は三浦九段に謝罪し慰謝料を支払う--など。佐藤会長は「三浦九段とご家族に心配をかけ申し訳ない。本日をもって円満解決とさせていただく」と述べた。

 三浦九段側の横張清威弁護士によると、慰謝料には処分がなければ得られた対局料は含まれず「精神的な苦痛や社会的な信用失墜に対するもの」という。

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の「森進一」に成り済まし給付金詐取 同姓同名の被告、起訴内容認める

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  4. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  5. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです