メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋連盟

三浦九段と和解 ソフト問題で

和解して記者会見する日本将棋連盟の佐藤康光会長(右)と三浦弘行九段=東京都渋谷区の将棋会館で2017年5月24日午後5時24分、丸山博撮影

 将棋ソフトの不正使用疑惑が晴れた三浦弘行九段(43)と、日本将棋連盟の佐藤康光会長(47)は24日、東京・将棋会館で記者会見し、連盟が三浦九段に慰謝料(金額は非公表)を支払うことで合意、和解したことを発表した。

 主な和解内容は、▽三浦九段の不正行為はなかったが、出場停止処分の決定はやむを得なかったとする第三者調査委員会の報告書を双方が受け入れる▽連盟は三浦九段に謝罪し慰謝料を支払う--など。佐藤会長は「三浦九段とご家族に心配をかけ申し訳ない。本日をもって円満解決とさせていただく」と述べた。

 三浦九段側の横張清威弁護士によると、慰謝料には処分がなければ得られた対局料は含まれず「精神的な苦痛…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文657文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も
  5. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです