メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋連盟

三浦九段と和解 ソフト問題で

和解して記者会見する日本将棋連盟の佐藤康光会長(右)と三浦弘行九段=東京都渋谷区の将棋会館で2017年5月24日午後5時24分、丸山博撮影

 将棋ソフトの不正使用疑惑が晴れた三浦弘行九段(43)と、日本将棋連盟の佐藤康光会長(47)は24日、東京・将棋会館で記者会見し、連盟が三浦九段に慰謝料(金額は非公表)を支払うことで合意、和解したことを発表した。

 主な和解内容は、▽三浦九段の不正行為はなかったが、出場停止処分の決定はやむを得なかったとする第三者調査委員会の報告書を双方が受け入れる▽連盟は三浦九段に謝罪し慰謝料を支払う--など。佐藤会長は「三浦九段とご家族に心配をかけ申し訳ない。本日をもって円満解決とさせていただく」と述べた。

 三浦九段側の横張清威弁護士によると、慰謝料には処分がなければ得られた対局料は含まれず「精神的な苦痛や社会的な信用失墜に対するもの」という。

 また、疑惑浮上のきっかけとなった行動をした渡辺明竜王(33)はこの日、会館内で三浦九段に謝罪し、「いろんなご迷惑をかけたことへの謝罪だった」と記者団に語った。

 三浦九段は「藤井聡太四段の活躍など将棋界が盛り上がっている中、問題が長引いて水を差すわけにはいかない」と話した。

 三浦九段は昨年、竜王戦で勝ち上がって挑戦者決定三番勝負に進出、2勝1敗で勝って渡辺竜王への挑戦権を獲得したが、ソフトの不正使用疑惑が浮上し、連盟は約3カ月間の出場停止処分を下した。その後第三者調査委員会が昨年末、不正の証拠は認められないと発表。三浦九段は今年2月から対局に復帰した。

 この問題を受け、谷川浩司前会長(55)らが辞任。2月に就任した佐藤会長が問題の解決に当たっていた。【山村英樹、丸山進】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 民泊監禁 大型バッグ所在不明 米国籍容疑者が処分か
  2. 五輪スケート 高木菜が金で初代女王に マススタート
  3. 五輪スケート 韓国選手、銀でも謝罪 女子マススタート
  4. 梅田墓 大阪駅前に200人分の骨 江戸時代の墓地、初調査 うめきた再開発地区
  5. 民泊監禁 逮捕の米国籍容疑者 SNS通じ女性と接触か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]