メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連続企業爆破

大道寺死刑囚が病死 東京拘置所

大道寺将司死刑囚=1975年6月撮影

 法務省は24日、1974年に起きた三菱重工ビル爆破などの連続企業爆破事件で、爆発物取締罰則違反や殺人などの罪で死刑が確定した「東アジア反日武装戦線」の大道寺将司死刑囚(68)が同日、多発性骨髄腫で収容先の東京拘置所で死亡したと発表した。87年に最高裁で死刑が確定していた。

 確定判決によると、大道寺死刑囚は71~75年、「海外侵略企業」などとして三菱重工や間組の本社ビルなどの連続企業爆破事件に関与。最も被害の大きかった三菱重工ビル爆破事件(74年8月)では8人が死亡、165人が重軽傷を負った。

 一連の企業爆破事件では同戦線のメンバーら8人が75年5月に逮捕された。うち三菱重工ビル爆破事件では大道寺死刑囚ら2人の死刑が確定。1人が逮捕後に服毒自殺し、3人が77年の日航機ハイジャック事件(ダッカ事件)などに伴う超法規的措置などで出国した。

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文974文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです