連続企業爆破

大道寺死刑囚が病死 東京拘置所

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大道寺将司死刑囚=1975年6月撮影
大道寺将司死刑囚=1975年6月撮影

 法務省は24日、1974年に起きた三菱重工ビル爆破などの連続企業爆破事件で、爆発物取締罰則違反や殺人などの罪で死刑が確定した「東アジア反日武装戦線」の大道寺将司死刑囚(68)が同日、多発性骨髄腫で収容先の東京拘置所で死亡したと発表した。87年に最高裁で死刑が確定していた。

 確定判決によると、大道寺死刑囚は71~75年、「海外侵略企業」などとして三菱重工や間組の本社ビルなどの連続企業爆破事件に関与。最も被害の大きかった三菱重工ビル爆破事件(74年8月)では8人が死亡、165人が重軽傷を負った。

 一連の企業爆破事件では同戦線のメンバーら8人が75年5月に逮捕された。うち三菱重工ビル爆破事件では大道寺死刑囚ら2人の死刑が確定。1人が逮捕後に服毒自殺し、3人が77年の日航機ハイジャック事件(ダッカ事件)などに伴う超法規的措置などで出国した。

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文974文字)

あわせて読みたい

注目の特集