メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連続企業爆破

大道寺死刑囚が病死 東京拘置所

大道寺将司死刑囚=1975年6月撮影

 法務省は24日、1974年に起きた三菱重工ビル爆破などの連続企業爆破事件で、爆発物取締罰則違反や殺人などの罪で死刑が確定した「東アジア反日武装戦線」の大道寺将司死刑囚(68)が同日、多発性骨髄腫で収容先の東京拘置所で死亡したと発表した。87年に最高裁で死刑が確定していた。

 確定判決によると、大道寺死刑囚は71~75年、「海外侵略企業」などとして三菱重工や間組の本社ビルなどの連続企業爆破事件に関与。最も被害の大きかった三菱重工ビル爆破事件(74年8月)では8人が死亡、165人が重軽傷を負った。

 一連の企業爆破事件では同戦線のメンバーら8人が75年5月に逮捕された。うち三菱重工ビル爆破事件では…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  3. デルタ航空 デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、無念の謝罪 結成時にDVの事実確認も「わからなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです