メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講談社

大江健三郎さん全集刊行へ

 講談社は24日、ノーベル賞作家の大江健三郎さん(82)の現在では入手困難な作品を多数含む全集(全15巻)を刊行すると発表した。タイトルは『大江健三郎全小説』で、来年7月に刊行を始め、2019年9月に完結する予定だ。東京大文学部に在学中の1957年のデビュー作「奇妙な仕事」をはじめ、文芸雑誌に発表後に右翼の抗議を受けて書籍化されなかった「政治少年死す-セヴンティーン第二部」など計95編を収録する予定。

     大江さんは政治や性に関する青年の苦悩や弱者との共生を小説で表現し続け、94年に日本人で川端康成以来2人目となるノーベル文学賞を受賞した。全集刊行を前に大江さんは「私はこうして小説を書く人間となり、その連続を生き、生を終えようとしています」とのコメントを発表した。大江さんの全集は新潮社が60~70年代と90年代に、岩波書店が80年代に刊行している。【鶴谷真】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. AV問題 被害者や引退女優ら対象の作品削除窓口を開設
    2. 密輸 韓国人ツアーの女7人、X線で腹部に金塊 中部空港
    3. ジストシネマ伊賀上野 20年親しまれ、きょう閉館 /三重
    4. 米軍機タンク投棄 漁船まで200m 漁すべて中止 青森
    5. 松尾貴史のちょっと違和感 安倍首相の国会答弁 あまりに下品で不誠実で幼稚

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]