メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大江健三郎さん全集刊行へ

 講談社は24日、ノーベル賞作家の大江健三郎さん(82)の現在では入手困難な作品を多数含む全集(全15巻)を刊行すると発表した。タイトルは『大江健三郎全小説』で、来年7月に刊行を始め、2019年9月に完結する予定だ。東京大文学部に在学中の1957年のデビュー作「奇妙な仕事」をはじめ、文芸雑誌に発表後に右翼の抗議を受けて書籍化されなかった「政治少年死す-セヴンティーン第二部」など計95編を収録する予定。

     大江さんは政治や性に関する青年の苦悩や弱者との共生を小説で表現し続け、94年に日本人で川端康成以来2人目となるノーベル文学賞を受賞した。全集刊行を前に大江さんは「私はこうして小説を書く人間となり、その連続を生き、生を終えようとしています」とのコメントを発表した。大江さんの全集は新潮社が60~70年代と90年代に、岩波書店が80年代に刊行している。【鶴谷真】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS マツコ、夢かなって力士姿に大変身 有吉「本物だよ!」と絶賛
    2. 飲酒運転 「責任は重大」19歳消防士を懲戒免職 山梨
    3. 後藤久美子 娘・エレナがデビュー 雑誌で美しすぎる母娘2ショットを披露
    4. 岐阜市 給食指導で児童5人が嘔吐 教諭を厳重注意
    5. 小池新党結成 衝撃 選挙の構図、激変

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]