特集

加計学園

学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡る問題をまとめました。

特集一覧

加計学園

前川前次官「文書本物」 文科省幹部で共有

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
前川喜平氏
前川喜平氏

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人加計(かけ)学園(岡山市)が国家戦略特区で獣医学部を新設する計画を巡り、文部科学省が特区を担当する内閣府から「総理のご意向」と早期開学を促されていたことを記録したとされる文書について、文科省の前川喜平前事務次官が「文書は本物だ」と周囲に語っていることが関係者への取材で分かった。同省は「文書の存在は確認できなかった」との調査結果を19日にまとめたが、野党側は真相解明を求め追及を強めている。

 文科省関係者によると、文書が作成されたのは昨年9~10月で、一部の同省幹部で共有されていたという。また、文書に関しては、25日発売の週刊文春が、前川氏が実名で「間違いなく本物」と証言したとの記事を掲載する。「独占告白」と題し「元公僕として、この文書をなかったことにはできない」「本来なら、筋が通らないと内閣府に主張し、まっとうな行政に戻す努力を最後まで行うべきだった」と発言したとの記事を載せている…

この記事は有料記事です。

残り128文字(全文545文字)

あわせて読みたい

注目の特集