メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G7

会場のイタリア・タオルミーナ、難民受け入れ拠点の島

タオルミーナ周辺の海岸で海上からの侵入者がいないか目を光らせる兵士ら=2017年5月25日、賀有勇撮影

 【タオルミーナ(イタリア南部)中西啓介、賀有勇】主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)が開催される高級リゾート地、タオルミーナは、地中海を渡る難民らの主要上陸地のシチリア島東部に位置する。人道支援の象徴でもある島で、G7首脳は中東・アフリカ情勢の安定化など国際協調のあり方も議論することになる。

 地中海を望む丘陵地帯にあるタオルミーナは、人口約1万900人。12軒の五つ星ホテルがあり、年間110万人の観光客が訪れる。ドイツの文豪ゲーテや米国の作家ヘミングウェーが滞在したことでも知られる。

 独メディアによると、伊政府は1400万ユーロ(約17億円)を会場整備に投入し、市街地の路面を再舗装…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文750文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジノ法成立 それどころでは…被災地では嘆きの声
  2. 雑記帳 日本薬科大(埼玉県伊奈町)は、人気ラーメン店「麺屋武蔵」と共同開発した…
  3. イスラムが見る現代科学 神と火星と進化論/1 UAE、2117年移住計画 宇宙の断食、どうする?
  4. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  5. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]