メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・すたこら

ぶれてもいい

 「大学4年間は本当にあっという間だから、考えて行動しなさい」。高校時代の恩師が卒業前に投げかけてくれた言葉。あれから3年、その発言はうそじゃなかったと痛感する。

 進学の際は、愛着のある地元福井を支える存在になりたいと思い、地域コミュニティーについて専攻できる現代福祉学部に進学を決めた。福祉については正直これっぽっちも興味がなかったが、せっかくこの学部に入ったのだからと福祉系の授業も進んで履修した。

 それに派生し、福祉学生っぽいことをしようとひたすら課外活動に精を出した。高齢者への傾聴、学童キャン…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです