メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テレワーク

広野町が支援 在宅で働ける町に 来月受注開始、初年度50人の登録目指す /福島

「ふくしま未来テレワークおらげ」のサイトに登録する説明会の参加者=広野町下浅見川で

 東京電力福島第1原発事故により、一時は大半の町民が避難した広野町は、帰還した町民の就業機会を増やそうと、ITを使って場所や時間にとらわれず、自宅などで仕事ができるシステム「ふくしま未来テレワークおらげ」を構築した。データ入力や情報収集といった在宅でも可能な業務を企業などから募って、テレワーカーとして登録した町民に紹介して働いてもらう。【乾達】

 町は、事故後に住民の95%以上が町外に避難したが、町独自の避難指示は2012年3月末に解除された。11日現在、町内居住者は3900人に達し、住民登録者数の79・1%となっている。

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸大、新型コロナ抗体薬研究へ

  2. ワクチン期待、東証大幅反発

  3. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. 英金融情報大手、米S&Pが買収 今年最大、4.6兆円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです