メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

働き方改革 職員の残業15%減へ 計画案で数値目標 /滋賀

 県は職員の長時間労働を縮減する「働き方改革」実現のための行動計画案をまとめ、25日の県議会行財政・働き方改革特別委員会で説明した。県職員1人当たりの時間外勤務を昨年度比で15%以上減らすなどの数値目標を示した。

 県は昨年度、湖東土木事務所など4職場で労使協定(「36協定」)に違反する残業があったとして…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文381文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸大、新型コロナ抗体薬研究へ

  2. ワクチン期待、東証大幅反発

  3. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. 英金融情報大手、米S&Pが買収 今年最大、4.6兆円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです