働き方改革 職員の残業15%減へ 計画案で数値目標 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は職員の長時間労働を縮減する「働き方改革」実現のための行動計画案をまとめ、25日の県議会行財政・働き方改革特別委員会で説明した。県職員1人当たりの時間外勤務を昨年度比で15%以上減らすなどの数値目標を示した。

 県は昨年度、湖東土木事務所など4職場で労使協定(「36協定」)に違反する残業があったとして…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文381文字)

あわせて読みたい

注目の特集