メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

働き方改革 職員の残業15%減へ 計画案で数値目標 /滋賀

 県は職員の長時間労働を縮減する「働き方改革」実現のための行動計画案をまとめ、25日の県議会行財政・働き方改革特別委員会で説明した。県職員1人当たりの時間外勤務を昨年度比で15%以上減らすなどの数値目標を示した。

 県は昨年度、湖東土木事務所など4職場で労使協定(「36協定」)に違反する残業があったとして…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文381文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです