メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪のワザ

大幸薬品 正露丸(大阪市西区西本町1) 伝統薬「まだ可能性」 /大阪

木クレオソートを語ると止まらない柴田高社長=大阪市西区の大幸薬品本社で、亀田早苗撮影

 この薬を飲んだことのない人は少ないのでは。大幸薬品(大阪市西区西本町1)の胃腸薬「正露丸」。最近では、魚介類の寄生虫が起こす「アニサキス症」にも効く、とテレビなどで話題になった。

 正露丸は1902年、大阪で「忠勇征露丸」として売り出された。戦後、今の柴田仁会長と弟柴田高社長の祖父、柴田音治郎初代社長が製造販売権を継承した。

 主成分は「木(もく)クレオソート」。ブナやマツなどを炭化する時に出る木タールを蒸留、精製してできる…

この記事は有料記事です。

残り1212文字(全文1425文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  2. 2018年問題 変わる「非正規」のルール 4月と10月
  3. ORICON NEWS 博多華丸・大吉、芸歴28年で初ANN 念願成就に喜び「まさか現実になるなんて…」
  4. コスモス 秋の大地、染め上げて 500万本見ごろ 兵庫
  5. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです