安保法違憲損賠訴訟

第1回弁論 原告が生存権侵害主張 国「請求棄却を」 /大分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 集団的自衛権の行使を容認した安全保障関連法は憲法に違反しており、平和的生存権侵害にあたるとして、県内在住の有志42人が国を相手取り、総額420万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が25日、大分地裁(佐藤重憲裁判長)であった。国側は「原告は具体的に権利侵害をされたとはいえない」などとする準備書面を提出、請求棄却…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

あわせて読みたい

注目の特集