メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

ムハンマド・アッタールさん=日本で初めて作品が上演されたシリア人劇作家

ムハンマド・アッタールさん

ムハンマド・アッタール(Mohammad Al-Attar)さん(36)

 「あまりにも複雑で痛みを伴う状況で、我々国民ですら話せなくなった」。6年を超えて続くシリアの争乱と内戦について、そう語る。数十万人が亡くなり、人口の半数を超える約1200万人が家を追われた。国土の一部は過激派組織「イスラム国」(IS)が占拠する。その混乱と悲劇は、どうしたら表現できるのか。脚本家として悩んだ末に、殴られて昏睡(こんすい)状態に陥り亡くなった知人の物語に行き着いた。死と生、絶望と希望が混じり合う状態。それこそが、シリアの今だ。そう考えた。

 「ダマスカスWhile I Was Waiting」。そう名付けられた作品を、長年の友人で演出家の…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文702文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです