メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

ムハンマド・アッタールさん=日本で初めて作品が上演されたシリア人劇作家

ムハンマド・アッタールさん

ムハンマド・アッタール(Mohammad Al-Attar)さん(36)

 「あまりにも複雑で痛みを伴う状況で、我々国民ですら話せなくなった」。6年を超えて続くシリアの争乱と内戦について、そう語る。数十万人が亡くなり、人口の半数を超える約1200万人が家を追われた。国土の一部は過激派組織「イスラム国」(IS)が占拠する。その混乱と悲劇は、どうしたら表現できるのか。脚本家として悩んだ末に、殴られて昏睡(こんすい)状態に陥り亡くなった知人の物語に行き着いた。死と生、絶望と希望が混じり合う状態。それこそが、シリアの今だ。そう考えた。

 「ダマスカスWhile I Was Waiting」。そう名付けられた作品を、長年の友人で演出家の…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文702文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです