メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

ムハンマド・アッタールさん=日本で初めて作品が上演されたシリア人劇作家

ムハンマド・アッタールさん

ムハンマド・アッタール(Mohammad Al-Attar)さん(36)

 「あまりにも複雑で痛みを伴う状況で、我々国民ですら話せなくなった」。6年を超えて続くシリアの争乱と内戦について、そう語る。数十万人が亡くなり、人口の半数を超える約1200万人が家を追われた。国土の一部は過激派組織「イスラム国」(IS)が占拠する。その混乱と悲劇は、どうしたら表現できるのか。脚本家として悩んだ末に、殴られて昏睡(こんすい)状態に陥り亡くなった知人の物語に行き着いた。死と生、絶望と希望が混じり合う状態。それこそが、シリアの今だ。そう考えた。

 「ダマスカスWhile I Was Waiting」。そう名付けられた作品を、長年の友人で演出家の…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです