メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いま、防災は

巨大地震に備える/1 臨場感あるエリアメール 津波防災システム、三重県導入拡大へ

津波防災システムの画面を動かす防災科学技術研究所の高橋成実さん=茨城県つくば市で16日

 「三重県南部沖合で大きな津波を観測しました」。2016年4月12日、太平洋に面した同県志摩市や鳥羽市で、携帯電話会社の緊急速報「エリアメール」が配信された。約1カ月後に控えた伊勢志摩サミットに合わせ、一部前倒しで導入した津波防災システムのテスト。旅館などは避難訓練も行った。

 関東から九州に至る太平洋沿岸は、沖合に東西に延びる海溝のような地形「南海トラフ」で発生した巨大地震で、過去に何度も津波に襲われた。近い将来の発生も確実視され、対策は待ったなしだ。

 紀伊半島沖には、海洋研究開発機構(本部・神奈川県横須賀市)が構築した「DONET」(ドゥーネット)…

この記事は有料記事です。

残り1296文字(全文1574文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです