特集

GetNavi

アイテム情報サイト「GetNavi web」の提供記事を掲載します。デジタル製品や生活家電、ガジェットだけでなく、カルチャーやグルメなど、「いま知っておきたい」情報がたっぷりです。

特集一覧

AV

年内発売で話題沸騰の「Google Home」を知っていますか? 声だけで音楽再生から買い物までできる先進スピーカーをチェック(GetNavi web)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

情報提供:GetNavi web

【Google Home(ぐーぐるほーむ)】とは、音声認識AI「Googleアシスタント」を搭載した米グーグルのスマートスピーカー。アメリカでは「Amazon Echo」の対抗馬として昨年の11月から販売が開始され、話題を集めています。

 

2017年中に日本上陸が発表されたGoogleのスマートスピーカー

20170526-s4 (2)

本体はアロマポットのような形で、サイズは直径9.6cm、高さは14.3cm。本体に「OK, Google」と話しかければスタートします。声の指示だけで、好きな音楽を再生したり、検索結果を音声で教えてくれたり、照明やエアコンなど本機に対応するスマート家電を操作したり、買い物ができたり……と、さまざまなことが可能になります。マップ、翻訳といったGoogleの各種サービスと連携し、テレビに映像を映し出すChromeCastにも対応しています。

↑唯一の物理ボタンであるマイクオフボタンは本体背面に。マイクは天面両サイドに2つ配置している↑物理ボタンは背面にあるマイクオフボタンのみ。マイクは天面両サイドに2つ配置しています

 

このGoogle Homeが、5月17日、カリフォルニア州マウンテンビューで開催された年次開発者会議「Google I/O」で、2017年中に日本、カナダ、フランス、ドイツ、オーストラリアの5か国で提供されると発表され、日本でも一気にトレンドワードに浮上しました。

 

スマートスピーカーは、Amazon Echoを筆頭に北米ではすでに大人気。日本でも今後、シャープから類似カテゴリのロボット型端末「ホームアシスタント」が発売予定で、スマートスピーカー市場は下半期から年末にかけけてヒートアップしそうです。私たちの生活はスマートスピーカーでどれだけ便利になるのか楽しみですね。

 

【一言まとめ】

Google Homeは音声認識AI「Googleアシスタント」を搭載したスマートスピーカー。すでに米国では人気だが、2017年中に日本での発売がアナウンスされ話題に。

↑スピーカーグリルの色が変更可能(実売価格20ドル)↑本体下部のスピーカーグリルは着脱可能。スピーカーグリルの色もインテリアに合わせて選べます(実売価格20ドル)

 

【関連記事】
ハイレゾが手軽に聴ける! 約1万円の超小型DAP「High-Reso“CuBit”」
【最新CDラジカセ聴き比べ】SDカードにUSBに。デジタル録音機能が超便利! 東芝「TY-CDX9」
【最新CDラジカセ聴き比べ】変わらぬ“昔ながら感”がうれしいパナソニック「RX-D47」
「有機EL」を正しく説明できますか? いま話題のワケと波乱万丈の歴史を総ざらい
もう不快な音に悩まされない! 海外で話題沸騰の「スマート耳栓」で必要な音だけ聞ける生活に

情報提供:GetNavi web

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集